shoryuの忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』のレビューも書いています。

「変なドクたまの段」 『忍たま乱太郎』16期第16話

「変なドクたまの段」
忍たま乱太郎』16期第16話
2008年4月21日放送

 

どこで寝るのの段」の続き。

 

「ドクたまが臨海学校に参加する」と言う話だったのが、実際に臨海学校に来たのはドクたまに変装したドクタケ忍者であった。そこで兵庫第三協栄丸さんは忍術学園に協力を要請する事に。
第三協栄丸さんの頼み事なのに今回はまともな相談内容となっている。(と言うか、学園長がドクたまに臨海学校参加の許可を出したのが発端なので責任は忍術学園の方にある)

 

意外と美男子が多い兵庫水軍から網問と間切が登場。
二人とも真面目なキャラなので、第三協栄丸さんが頼み事に来た時のような話の脱線はあまり起きず、すぐに話が進んだ。(陸酔いはしたが……)

 

間切の髪の痛みを気にするタカ丸。
新キャラだからか、この頃のタカ丸はかなり出番が多かった印象がある。

 

ドクタケが放った飛爛珠。
この時の土井先生と山田先生の慌てようを見るに、かなりヤバい状況だったようだ。
ドクタケ忍者は時々凄い事をしてきて驚かされる。

 

臨海学校の段」に進む。