shoryuの忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』のレビューも書いています。

「太公望VS哪吒・空中大決戦!!」 『封神演義』第11回

太公望VS哪吒・空中大決戦!!」
封神演義』第11回

 

太公望と哪吒の戦い。
乾坤圏を防いだ太公望を見て哪吒は楽しそうに笑う。霊獣王の子供ですら一撃で殺せる哪吒にとって太公望は生まれて初めて全力を出して戦える相手だったのかもしれない。

 

今回は哪吒自身の視点で哪吒の出生の秘密が語られる。ここで哪吒が李靖を恨む事情が明らかになるが……。うん。これはさすがに李靖を擁護出来ない。
李靖からしたら墓を暴いて本体を河に捨てたのに哪吒が生き返ってくるなんて、まるでホラー映画のような感じだっただろうな。(そしてホラー映画だったら李靖は間違いなく殺されちゃう)

 

哪吒の本体を拾った太乙真人は哪吒を蓮の化身として生き返らせる。
連載時は特に気にならなかったのだが、後に『封神演義』の世界が科学技術を基盤としているのが分かってくると、この「死人を蓮の化身として蘇らせる」と言うのがどのようなテクノロジーなのか気になる。特に太乙真人は機械いじりのイメージが強いので。雲中子だとまだ分かる感じがするのだが。

 

哪吒編・まとめ」に続く。