shoryuの忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』のレビューも書いています。

「美しい妻の段」 『忍たま乱太郎』20期第89話

「美しい妻の段」
忍たま乱太郎』20期第89話
2012年11月13日放送

 

前回の続き。

 

ドクタケ忍者隊の首領としての立場があるとして、人前でプリンを食べるのを恥ずかしがったりライバルの忍術学園に入院する事を嫌がったりする八方斎。立場のある人と言うのは色々と大変なんだな。

 

駄々をこねる八方斎に怒る新野先生。普段は怒らない人なので印象に残った。

 

山田先生が中々家に帰らない事について利吉さんは「母上はもう父上が家に帰ってくる事を諦めているのでは」と告げる。
利吉さんは山田先生が家に帰らない事にいつも怒っているが今回は冷静を装っているようで内心イライラしている感じや去り際の舌打ち等、リアルに怖い感じの怒り方をしていた。
利吉さんは父親と違って自分はちゃんと家族の事を大事にしようと考えているのだと思うが、その利吉さんも父親と同じように段々と仕事が忙しくなって家に帰れなくなってきている。今回はその辺りのイライラも加わっているのかもしれない。

 

いくら忙しいからって工夫すれば時間くらいいくらでも作れるのだから山田先生は素直に家に帰れば良いのにと文句を言うきり丸としんべヱ。
いやいやいや! 君達が追試や補習をしないようにちゃんと勉強をすれば良い事では?

 

山田先生の奥さんが美人だと言う話に食いついた八方斎。
そう言えば、八方斎の奥さんも美人だったっけ?

 

八方斎が山田先生の美人な奥さんに会いに行こうとしている事を知った土井先生はすぐに山田先生に報告するが、仕事が溜まっている山田先生は返事を躊躇してしまう。
土井先生「奥さんと仕事、どちらが大事なんですか! 奥さんに決まっているじゃないですか!」、
山田先生「半助、怒るな。私だってそのくらいの事は」、
土井先生「だったらすぐ帰って下さい!!」。
ここまで怒る土井先生は珍しい。これは山田家にかつてお世話になっていた事も関係しているんだろうな。山田先生の方も「土井先生」ではなくて「半助」呼びになっていたし。ここの二人は仕事の同僚ではなく家族に近い感じだったと思われる。

 

おかえりなさいの段」に進む。