shoryuの忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』のレビューも書いています。

「六年生の荷物運びの段」 『忍たま乱太郎』22期第39話

「六年生の荷物運びの段」
忍たま乱太郎』22期第39話
2014年5月23日放送

 

アルバイトシリーズ。

 

荷車を引く時の対応で小平太と文次郎は鍛錬を重視しているけれど長次は鍛錬よりきり丸のアルバイトを無事に済ませる事を重視している事が分かる。
小平太と文次郎はきり丸のアルバイトはちゃんと成功させるのでアルバイトに加えて鍛錬を楽しもうとなるのだが、長次はきり丸のアルバイトを絶対に失敗しない為に少しの不安要素も生じさせないようにしている。
ここは両者の性格の違いが出たとも言えるし、長次はオリエンテーリング編のエピソードを踏まえているとも言える。

 

小平太と長次は山賊の存在に気付いていたのだが文次郎は気付いていなかった。荷車を引くのに意識を集中させちゃったのかな。

 

小平太が文次郎に荷車を任せたのは文次郎をからかうのも理由だがきり丸の身の安全を確保すると言うのも理由としてありそう。もし他にも隠れている山賊がいたら荷車に乗っているきり丸の身が危なかったので。

 

最後は文次郎のワガママ全開で事件を強引に解決。
アルバイトシリーズの文次郎を見ていると彼の素ってこっちなんだろうなと言う事を感じる。

 

カリスマ髪結いの段」に進む。

 

TVアニメ(忍たま乱太郎) 第22シリーズ DVD-BOX 下の巻