shoryuの忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。『ドラゴンボール』や藤崎竜さんの『封神演義』のレビューも書いています。

「亀仙人のキント雲」 アニメ『DRAGON BALL』第3話

亀仙人のキント雲」
アニメ『DRAGON BALL』第3話
1986年3月12日放送

 

原作の第3話「悟空・海へ走る」と第4話「亀仙人の筋斗雲」をアニメ化した話。

 

アニオリでピラフの支配者としての姿が描かれている。シュウとマイ以外に部下はいないイメージだったので、従う住民や亀仙人ドラゴンボールを持っていると言う情報を提供する人物の登場には驚いた。
今回はいつもいる城とは別の居住地が出ているが、ピラフは城をいくつも持っているのだろうか。

 

原作ではこの時点ではまだカメハウスは登場していないがアニオリでピラフ一味がカメハウスを襲撃する場面がある。亀仙人が持っていたドラゴンボールを今は悟空達が持っている事をピラフ一味が知る等、シリーズのラストに向けて悟空達とピラフ一味の因縁が作られている。

 

今回の話は『浦島太郎』を元ネタにしているが、劇中でも童謡の『浦島太郎』が歌われている。

 

漫画をアニメ化した時にエッチな表現を抑え目にする事はよくあるが今回のブルマの場面は原作より思い切りが良くなっている。何故正面からの場面を追加したw

 

人さらい妖怪ウーロン」に続く。