shoryuの忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。『ドラゴンボール』や藤崎竜さんの『封神演義』のレビューも書いています。

「フライパン山の牛魔王」 『DRAGON BALL』其之十一

「フライパン山の牛魔王
DRAGON BALL』其之十一

 

扉絵のシルエットでブルマ達に迫る牛魔王が怖くてインパクトがある。

 

フライパン山のモデルは『西遊記』に登場する「火焔山」と思われる。

 

牛魔王は「悪魔の帝王」と呼ばれているほどの存在で、盗賊相手ではあるが殺人も犯している。悟飯が生まれた後の優しいおじいちゃんのイメージが強いので初期の設定を確認するとビックリする。

 

牛魔王やフライパン山に関する話は学校の教科書に載っているほど有名なものらしい。
ブルマは関心が無いものは調べたり教わったりしないタイプっぽいので知らなかったのだろう。
ウーロンは南部変身幼稚園を追い出されたが学校の教科書の内容を知っていたと言う事はその後に学校に通っていたと言う事なのかな。おそらくそこは変身を教える学校ではなかったのでウーロンの変身は不完全なままだったと思われる。

 

チチ登場。ビキニアーマーの少女と言うとんでもないデザインに驚かされる。フライパン山の周辺は暑い上に恐竜等を相手にしなければいけないので暑さ対策と身を守る事からこの格好になったのかな?
チチが恐竜を倒した技は『ウルトラセブン』のアイスラッガーエメリウム光線。この頃はまだ『Dr.スランプ』のようなパロディも盛り込んだ作風が残っていた。

 

そう言えばこの頃からチチは戦う事はそんなに好きではない描写があった。

 

亀仙人をたずねて」に続く。