shoryuの忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。『ドラゴンボール』や藤崎竜さんの『封神演義』のレビューも書いています。

「オヤブンの得意技」 『DRAGON BALL』其之十七

「オヤブンの得意技」
DRAGON BALL』其之十七

 

触った相手を人参にしてしまう兎人参化。
レベル関係無しに相手を人参にする事が出来るのなら『DRAGON BALL』の最強キャラになれそうだが、魔人ブウベジットを飴玉にしてもレベルが高いベジットはそのまま戦う事が出来たので、兎人参化がベジットを人参にしても結果は同じで宇宙最強の人参が誕生する事になりそう。

 

兎人参化の元ネタは『西遊記』の「人参果」らしい。
兎人参化の方は「果物の形になった人間」だが人参果の方は「人間の形をした果物」となっている。
因みに今回のエピソードが『DRAGON BALL』で『西遊記』を下敷きにした最後の話となっている。

 

悟空達の危機に助太刀をするヤムチャ
最初のシリーズでのヤムチャは「悟空と同じように高い戦闘力を誇る」「ブルマと同じようにホイポイカプセルを使う」「ウーロンと同じように変身能力を持っているプーアルを従えている」と悟空達全員の能力を全て持っている存在となっている。しかも、女性に弱い以外に弱点が無く、知識もあって頭も回るので、この時点では安定して頼りになる人物となっている。

 

ブルマが元に戻ると悟空はウサギ団を月へと連れて行く。
この頃はまだ『Dr.スランプ』の影響が残っていた事を感じるオチであった。

 

ギャグ時代の描写に色々言うのは野暮かもしれないが、普通の人間であろうウサギ団の手下達やウサギもいる事を考えると、どうやら『DRAGON BALL』の世界の月には空気がありそうだ。

 

D.B.奪われる!!」に続く。