翔龍shoryuの忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。『ドラゴンボール』や藤崎竜さんの『封神演義』のレビューも書いています。

「レッド総帥死す!」 『DRAGON BALL』其之九十五

「レッド総帥死す!」
DRAGON BALL』其之九十五

 

悟空には銃は当たらないし仮に当たっても倒せないと判明した事でレッドリボン軍に勝ち目が無い事が分かり兵士達は遂に本部から退散してしまう。
これによって悟空達のレベルは軍隊を凌駕するとなり、以降、軍隊が登場しても活躍の機会は無くなってしまった。

 

レッド総帥がドラゴンボールで叶えたかった願いが「身長を伸ばす」であった事が判明する。
「それだけのことで我々は苦労して……」とブラック補佐が言いたい気持ちも分かるが、レッドリボン軍の戦力なら時間をかければ世界征服は何とか出来るのなら金と時間と権力があっても解決できない自分の肉体の悩みをドラゴンボールで解決したいと言うレッド総帥の気持ちも分かる。
「チビではギャルにももてん」と言う発言で彼が身長が原因で恋愛面で成功できなかった事が分かるし、「チビなのにオッサンの顔といわれた」で大人になってレッドリボン軍の総帥になっても身長が低いと言う一点で馬鹿にされた事も想像できる。これに関しては身体に恵まれているブラック補佐には分からない悩みなんだろうなぁ。

 

世界征服の為にドラゴンボールの情報を入手していたブラック補佐。後に悟空に一緒に世界を征服しようと呼びかけているので、彼の一番の目的が世界の征服する事である事が分かる。ひょっとしたら、ちゃんと世界征服を掲げているピラフ大王と手を組んだら上手く行っていたかも。

 

悟空との交渉が決裂したブラック補佐は「自信たっぷりのようだな。だが、これまでのやつらのようにはいかんぞ」と言って戦いを挑む。
お前、直前にレッド総帥に向かって「われわれはあの孫悟空というこぞうの想像をはるかに超えたパワーに気づくのがおそかった」とか言っていながら、どうして桃白白に勝った悟空相手にタイマンで勝てると思ったんだよ!?(しかも最初はバトルジャケット無しで勝てると思っていたと言う……)

 

大勝利!!」に続く。