翔龍shoryuの忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。『ドラゴンボール』や藤崎竜さんの『封神演義』のレビューも書いています。

「金角・銀角の人食いひょうたん」 アニメ『DRAGON BALL』第79話

「金角・銀角の人食いひょうたん」
アニメ『DRAGON BALL』第79話
1987年9月16日放送

 

原作では描かれなかった天下一武道会までの3年間を描いた話。

 

今回の話はウーロン初登場回や兎人参化登場回やマッスルタワー編のような「悟空が行った先で人々を苦しめている悪党を倒す話」となっている。意外と原作の『DRAGON BALL』ではこのパターンの話は少ないのだが悟空達をヒーローとして描けるので自分は好きな展開。

 

今回の敵である金角と銀角のモデルは『西遊記』に登場した妖怪。原作の『DRAGON BALL』は『西遊記』の要素は序盤だけであったがアニメの無印はところどころで古代中国の雰囲気を出してきている。因みに『西遊記』に登場した金角と銀角は太上老君の関係者であるがアニメの『DRAGON BALL』では後に太上老君をモデルにしたアンニンが登場している。
まぁ、金角と銀角の見た目とやっている事は『北斗の拳』の方が近かったのだが。(調べたら今回のヒロインのチャオを担当していたのは『北斗の拳』のユリアを演じていた山本百合子さんだった)

 

銀角を演じる青野武さんが実に楽しそうな回であった。

 

いざ御前試合! 悟空VS天龍」に続く。