shoryuの忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』のレビューも書いています。

「空の兄弟」 『封神演義』第17回

「空の兄弟」
封神演義』第17回

 

雷震子登場!
個人的に本作における雷震子の扱いは非常にもったいなかったと考えている。本来なら哪吒、楊戩、天化と同じくらいの活躍をしても良いキャラだったはずだ。

 

コウモリ人間=雷震子を見た太公望は会わなければいけないと感じる。四不象曰く「運命の糸の繋がり」。
前回の話で申公豹が姫昌と黄飛虎を会わせた事で太公望と姫昌の間に縁が生まれたように、今回の話で太公望は雷震子と会った事で姫昌との縁が出来たと言えるのだが、残念ながら実際に太公望と姫昌が会う話に雷震子は関わらなかった。崑崙山出身で姫昌の子供である雷震子は太公望と姫昌を繋ぐ絶好の存在だったのにそれを生かせなかったのは残念。

 

雷震子の悪党退治だが、まず最初にトップを潰せば組織は無力化すると言う考えが実は太公望と同じだったりする。このまま行けば雷震子は申公豹や楊戩とは違ったタイプで太公望のライバルになりそうだったのになぁ……。

 

太公望・アフロになる」に続く。